top of page

鍼灸師会さんにてコロナ後遺症症例報告をしてきました

2月26日に沖縄県鍼灸師会さんにお声かけ頂き、新型コロナウィルス感染症後遺症に対する症例報告を行ってきました。




トップバッターは、那覇市立病院 感染防止対策室 看護師長 久高さんよりこれまでの院内での感染対策や実情、これからの感染対策についてのお話。


続いて、浦添にある ゆあん鍼灸院 院長金城涼子先生の発表。

中国に6年間留学されていた涼子先生はそこで師匠と出会い、太渓(たいけい)というツボを多用して治療をされることや鍼をしたらすぐ抜くという流れで治療するとのことで、私とは全く違うやり方なんです。同じ鍼灸でも様々なやり方があるのはとても興味深く面白いですよね〜!





そして南部は3番目。


私の治療スタイルの根幹である”長野式Kiiko Style”はまだ鍼灸業界の中でも必ず誰もが知っているという治療スタイルではないので、

会の紹介、治療の考え方(既往歴の大切さ)、治療穴(ツボ)の選択の仕方などをはじめに説明。


Kiiko styleではクロスチェックと言って、このツボが本当にこの患者さんに有効なのかを確かめるチェックを行います。

使用したいツボを押しながら変化して欲しいお腹の部分などを触り、実際に変化するかを確認してから鍼(はり)を行います。半分以上変化すればそのまま続行、変化しなければこのツボは使用せずに、見立てを変えて違うツボを押してチェック、という様な流れで効くのか効かないのかを鍼をする前に確かめます。

そのため効果的なツボを選ぶことができる=効果的な治療ができるということです


概要を説明後、症例を2例紹介。

一例目は呼吸器症状が治療直後に改善がみられた症例

二例目は気持ちの落ち込みや不安感・焦りを中心とした精神症状が数回の治療で改善が見られた症例

写真は考察の部分での考えを熱弁しているところです。



多くの先輩鍼灸師の先生方に向けて発表させて頂くのは少し緊張しましたがこの治療スタイルに興味を持ってくださると嬉しいなと思います。


貴重な機会を頂きました沖縄県鍼灸師会さん、ご参加頂きました皆さんありがとうございました。

卒後会えていなかった卒業生数名も参加してくれていてお話したり懐かしい時間でもありました。


最後に

新型コロナウィルス感染症の後遺症は、多彩な症状であり、原因も特定できないことが多く、たくさんの方が苦しまれている現状だと思います。

鍼灸はご自身のカラダと心を元気にする底上げをし、心身の機能を最大限に引き出してくれる治療法であると考えており、それはどの様なことが原因であってもそれに打ち勝つ方向へ

導いてくれる方法だと私は信じています。

コロナ後遺症でお困りの方、鍼灸という選択肢を試されてみてはいかがでしょうか。



閲覧数:128回0件のコメント

Commentaires


bottom of page