コロナ後遺症症例1

こんにちは、院長の南部です。

今回は当院に新型コロナウィルスの後遺症で通われている方より感想を頂くことができたので、それと共に後遺症について私なりの考えもお伝えさせて頂きます、


この方は30代女性で新型コロナウィルス感染症感染後より、

動いた時の息苦しさ、咳が止まらない

という症状で当院に来院され、早くこの症状を治し仕事に復帰したいというのが来院の動機でした。





この方の場合は1度の治療で、お困りだった息苦しさと咳が改善された例です。


新型コロナウィルスは呼吸器を犯してくる病気であるため、肺に関わるツボを使いその機能を上げてあげることが治療のメインにはなってくるのですが、後遺症が残る方の特徴として今までかなりご無理をされていて感染前の体調も万全でない方が多いように感じられます。

この方の場合も産後あまり休むことなく動き続け(4名のお子さんがいらっしゃいます)、慢性的な疲れが蓄積した状態で感染、感染によりかなり体力を奪われ自分の体力だけではなかなか以前の体調に戻れないところに鍼灸でサポートができたのかなと考察しています。


現在は呼吸の症状は落ち着きましたが、疲れ = 腎と表現されている部分の弱さがまだあり体調が万全でないので、ご自身でのお灸でのセルフケアを継続して頂いています。

お母さんがお灸する姿をお子さん達も見守っているという温かいエピソードも聞くことができました。


新型コロナウィルス感染症の後遺症でお困りの方、どうぞお気軽にご相談ください。



鍼灸院Konron (コンロン)

沖縄県宜野湾市大謝名4丁目

電話08039788109

LINE ID 「@njo5422b」



閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示